葬式での喪主の挨拶のタイミングと仕方を例文付きで紹介!

自分が喪主になった際には葬式での挨拶が必要になります。

 

葬式の喪主になるというのはほとんどの人にとって初めてのことです。

 

 

どのタイミングで挨拶があるのか、何をしゃべっていいかわからない、失礼なことを言ってしまったらと不安でしょうがないと思います。

 

 

そこで、喪主が葬式で挨拶をするタイミングやどのように挨拶をすれば良いのかを紹介します。

通夜や葬式で喪主が挨拶タイミング

葬式の様々な場面において喪主は挨拶をすることになります。

 

挨拶をするタイミングは3つあります。

 

 

1. お通夜の読経が終わった後や通夜振る舞いが始まる時

1つ目のタイミングは「お通夜の読経が終わった後や通夜振る舞いが始まる時」です。

 

喪主は故人に代わって焼香をした参列者に感謝の言葉を贈ります。

 

通夜振る舞いが無い場合は受付で軽い挨拶を行います。

 

 

2. 葬儀や告別式の閉式時

2つ目のタイミングは「葬儀や告別式の閉式時」です。

 

故人を偲び、参列者に対して感謝の気持ちを伝えます。

 

 

3. 四十九日の精進落としの時

3つ目のタイミングは「四十九日の精進落としの時」です。

 

こちらも故人に代わって感謝の気持ちを伝えます。

 

喪主はお通夜から葬儀、告別式、四十九日法要まで挨拶を行うことになります。

お通夜や葬式での挨拶の仕方や例文を紹介

では、感謝の気持ちを伝える挨拶はどういった内容がふさわしいのかを紹介します。

 

 

ポイントは自分の言葉で感謝の気持ちを伝えることです。

 

喪主の挨拶の例文もありますが、例文をそのまま暗記して読むよりも、自分の言葉で表現した方がより気持ちが伝わります。

 

紙を見ながら落ち着いて話すと良いです。

 

 

喪主の挨拶時間が短すぎず長すぎないこともポイントです。

 

具体的な時間として1分から長くても3分以内にとどめます。

 

 

実際にどのようなことを挨拶として述べるのかはまずは「自己紹介」として自分と故人の関係性を述べ、「弔問へのお礼」として参列者への感謝の気持ちを述べます。

 

そして、「生前のお礼」として故人への生前の厚意に対する感謝の気持ちを述べ、「故人のエピソード」として生前の人柄が分かる出来事を紹介し、最後に「家族に対して力添えのお願い」を述べるという流れで挨拶をすると良いです。

 

 

挨拶文の組み立て方として

 

 

  1. 自己紹介
  2. 弔問へのお礼
  3. 生前へのお礼
  4. 故人のエピソード
  5. 家族に対して力添えのお願い

 

 

家族に対して力添えのお願いに関しては例文などの決まった文句や文言を自分自身に置き換えて考え、故人のエピソードは自分の言葉で考えます。

 

 

喪主が挨拶を行う上で注意点もあります。

 

それは「忌み言葉」を避けることです。

 

 

忌み言葉とは、不吉なことを連想させたり、生死に関わる直接的な表現を言います。

 

具体的にどんな言葉や表現があるのかと言うと、不吉なことを連想させる言葉や表現として「浮かばれない」「迷う」「九(く)や四(し)などの言葉」があります。

 

 

生死に関わる直接的な言葉や表現として「死亡」「死ぬ」「急死」など「死」を使った言葉や表現「生存」「生きる」など「生」を使った言葉や表現があります。

 

また「重ね重ね」「ますます」「しばしば」「再び」といった重ね言葉はまた死を呼ぶという意味が込められているので使ってはいけません。

 

 

喪主の挨拶の例文 お通夜編

葬儀に挨拶が必要となる「お通夜」「告別式」「精進落とし」のシーンでどのようなタイミングでどんな挨拶をするのが良いのか例文を紹介します。

 

 

1つ目の挨拶タイミング「お通夜」では、通夜振る舞い前とお通夜終了時に喪主が挨拶を行います。

 

まず、通夜振る舞い前の挨拶例文として

 

 

 

本日はお忙しい中、亡き○○お通夜にお集まり頂き、誠にありがとうございます。
ささやかではございますが、別室に粗宴を用意しています。
ご都合がよろしければ、どうぞお召し上がりながら故人の思い出をお聞かせください


 

 

お通夜終了時の挨拶例文として

 

本日はお忙しい中、亡き○○の通夜にお集まり頂き、誠にありがとうございます。
故人が生前たまわりましたご厚誼とご厚情に心より感謝申し上げます。
皆様に見守られ○○も喜んでいるでしょう。
なお、明日の告別式は○○時より○○で執り行う予定でございますので、どうぞよろしくお願い致します。本日は誠にありがとうございました


 

 

喪主の挨拶の例文 告別式編

2つ目の挨拶タイミング「告別式」では、火葬場へ向けて出棺する前に行います。

 

挨拶例文として

 

 

遺族を代表致しまして、皆様に一言挨拶申し上げます。私は故人の○○の○○でございます。
本日はご多用にもかかわらず、亡き○○の葬儀にご会葬くださいまして誠にありがとうございます。
おかげをもちまして昨日の通夜、告別式を滞りなく執り行うことが出来ました。
故人も皆様に感謝していることと存じます。


 

その後故人とのエピソードを述べて、

 

 

○○が晩年を豊かに過ごすことが出来ましたのも、皆様方のご厚情のたまものと深く感謝しております。
故人の生前と同様に、皆様のお力添えを頂ければ幸いです。
本日は誠にありがとうございました


 

 

喪主の挨拶の例文 四十九日の精進落とし編

3つ目の挨拶タイミング「精進落とし」では始まる前と終わりに挨拶を行います。

 

始まりの挨拶として

 

 

皆様、本日は誠にありがとうございました。皆様のお力添えにより告別式を無事に終えることが出来ました。
改めてお礼申し上げます。ささやかですが、精進落としの膳を用意しましたので、お時間を許す限りおくつろぎ下さい


 

 

終わりの挨拶として

 

 

本日は亡き○○のためにお心遣い頂きありがとうございました。
お時間となりましたのでこの辺でお開きとさせていただきたいと思います。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。
本日は最後まで誠にありがとうございました


 

 

通夜振る舞いの前は通夜に参列してくれたことのお礼と通夜振る舞いを促す挨拶を、お通夜終了後の挨拶はお通夜と通夜振る舞いに対するお礼と告別式の時間と場所を伝え、告別式の出棺前の挨拶はメインの挨拶と言えます。

 

告別式に参列してくれたことのお礼と自分と故人の関係性や故人とのエピソードを述べます。

 

 

精進落としでは、始まる前に告別式が無事に行われたことに対するお礼を伝え、終わりには、精進落としのお開きとお礼の言葉、今後のことをお伝えし、最後お礼で締めます。

まとめ

喪主の挨拶で重要なのは例文をそのまま暗記するよりも、自分の言葉で参列してくれたことのお礼と生前の感謝の気持ちを述べることです。

 

喪主の挨拶はたいへん緊張するものです。

 

上手く話そうとするよりも、飾らず自分の言葉で話すことが大切です。