葬儀代が払えない!お金を借りるならどこから?借りた人の体験談!

 

親が亡くなって葬儀をすることに。

 

葬儀について調べていたら・・・

 

 

葬儀代・・・高すぎ!

 

 

10万、20万くらいだと思ってたら100万、200万もするんですね。

 

まさかそんなにかかるとは・・・と思って焦ってる人が多いんじゃないでしょうか?

 

 

そこで今回は葬儀代としてお金を借りる場所のおすすめや借りた人の体験談を紹介します!

葬儀代が払えない!なんでこんなに高いの?

まずなんで葬儀代がこんなに高いのか。

 

最初に見積もりを見た時はぼったくりじゃないかと思うかもしれません。

 

 

でも実際相場を見てみると妥当な金額であることがわかると思います。

 

葬儀代の相場

日本消費者協会が実施したアンケート調査によると2017年の葬儀代の相場は以下の通りです。

 

葬儀代の内訳 相場
通夜からの飲食接待費 30万
寺院への費用 47万
葬儀一式費用 121万
葬儀代合計 195万

 

 

これ、平均額ですからね。

 

葬儀って結婚式を挙げるのとあまり変わらないレベルですね。

 

 

どうしてこんなにかかるんでしょうか?

 

 

葬儀代が高い理由

昔の文化によるもの

一昔前までの日本では子だくさん、近所づきあいが多いのが当たり前でした。

 

だから香典がたくさんもらえるし、子供が5人いれば葬儀代の一人当たりの負担金額は少なくなりました。

 

だから葬儀代が200万円でそれを子供が払うとしても一人当たりの負担はそこまで高くなかったのです。

 

 

でも今は近所づきあいが少なく、子供も平均2人の時代。

 

時代に合わない文化の名残が残っているのです。

 

戒名料(お布施)が高い

寺院ではお布施の金額によって戒名の格付けを決めます。

 

この戒名のためのお布施の金額は最低ランクの場合でも30〜50万もかかるのです。

 

戒名が必要なのかはさておき、御経料・戒名料の合計として、最低でも30〜50万はかかってくるので葬儀代の金額を押し上げています。

 

 

ただこのお布施は寺院のにとっての貴重な収入源であり、ここを下げることは難しいのかもしれません。

 

 

ちなみに葬儀社はほとんどがクレジットカード払い不可で現金一括払い、かつ支払いは1週間しか待ってくれない場合が多いです。

 

なのでお金を借りてでもすぐに払う必要があります。

葬儀代が払えない!お金を借りるならどこ?

では葬儀代が払えないとして、どこからお金を借りればいいのでしょうか?

 

お金を借りる場所の候補としては

 

 

 

  • 1週間以内にすぐ借りれること
  • 100〜200万などの金額を借りれること

 

が条件になります。

 

この条件を満たしてるのは以下になります。

 

 

  1. カードローン
  2. 銀行カードローン
  3. 消費者金融

 

 

1. カードローン

カードローンで有名なのはCMもやってるアコムです。

 

アコムのすごいところは

 

 

初めての利用なら最大30日間金利0円で借りれること。

 

 

始めてお金を借りる人にやさしい仕組みになってるんです。

 

 

また

 

  • ネットやATMから誰にもばれずに借りれる
  • ネットからの申し込みで最短即日で借りれる
  • 20代の利用者が高く、誰でも借りれる

 

など、メリットがたくさんあります。

 

 

お金を借りることに抵抗のある人でも借りやすい仕組みなので安心して利用できるカードローンです。

 

 

2. 銀行カードローン

次に銀行カードローン。

 

こちらは普段利用してる銀行からお金を借りるというものです。

 

信用がある分借りやすいのがメリットです。

 

 

金利も消費者金融やカードローンなどと比べて低くなることが多いのでおすすめです。

 

特にある程度の社会的地位のある人なら銀行カードローンが一番低金利でお金を借りやすいと思います。

 

 

3. 消費者金融

最後に消費者金融。

 

消費者金融は誰でもすぐに借りれることがメリットです。

 

社会的地位がなくて銀行などからお金が借りれない人でも身分証さえあれば借りれます。

 

それもすぐに借りれます。

 

 

デメリットは少し金利が高いこと。

 

他にお金を借りる方法がないときの最終手段として使えます。

 

 

実際に葬儀代が払えなくて金融機関からお金を借りた人の体験談を見てみましょう。

葬儀代としてお金を借りた人の体験談

お金は100万単位の金額でも意外と簡単に借りれます。

 

実際にお金を借りた人の体験談を紹介します。

 

 

年収300万の30代会社員が父の葬儀代として100万借りた体験談

私が30代前半の時に父ががんになってしまい入院をし、そのまま亡くなってしまいました。

 

そのまま葬儀という流れになったのですが、がん保険加入していなかったので父親のがん治療のための入院費で貯金はほとんど使い果たしてしまい、葬儀費用を捻出できるだけの金銭的余裕が全くありませんでした。

 

 

病院側が紹介してくれた葬儀屋の人に葬儀代の見積もりを聞いてみると大体150万円近くかかってしまうとのことだったので、金銭面的に余裕がない事を相談しました。

 

葬儀屋の人の話だと葬儀屋と提携しているローンでお金を借りることができるということでしたが、話だけ聞いてみて借りる金融機関は自分たちで探すことにしました。

 

 

父親が亡くなって気が動転していたので、その場で簡単にローンでお金を借りることは少し危ない気がして自分たちで良く調べてから探したかったからです。

 

 

母親が親族に父親が亡くなったことを連絡している間、私はスマホを使って葬儀費用を工面するための方法を検索することにしました。

 

調べてみると葬儀屋と提携しているローンはクレジットカード会社のローンで、融資までの時間は短かったのですが金利も銀行で借りるよりも高かくなることが多いようでした。

 

 

銀行で葬儀費用を借りることができるのか調べてみると、銀行でも借りることができ融資までの期間も比較的短いことが分かったので銀行からお金を借りることにしました。

 

家に帰りひと段落して時間を見るとまだ昼過ぎくらいだったので銀行に電話をし、葬儀の費用を借りることができるかを確認することにしました。

 

 

選んだ銀行は少しでも融資が受けやすくなるようにと私の給料の振り込みに使っている口座のある銀行を選び、電話で相談してみると必要書類を持っていけば融資を受けることができるとのことだったので、必要書類を揃えて翌日銀行へ行くことにしました。

 

安定した収入があり借りる金額も100万程度だったということもあり、すんなりと融資を受けることができました。

 

 

葬儀費用の支払いは銀行振り込みだったので、融資されたお金は私のもっている口座に振り込んでもらうことにしました。

 

葬儀費用の支払いまでは少し余裕があったので、融資の実行されるまで日にちがかかっても大丈夫だったので良かったです。

 

 

父親が亡くなった時に葬儀費用が捻出できるかどうか不安だったのですが、銀行ですんなりお金を借りることができそして葬儀も無事終了することができました。

 

 

年収400万の自営業の50代男性が父の葬儀代として70万借りた体験談

父親が数年前に心筋梗塞で亡くなったために、家族が集まってすぐにお葬式に向けた準備を開始しました。

 

ネットで見つけた葬儀会社に見積もりを依頼しましたが、標準的なプランでも100万円前後になることが判明しました。

 

 

しかし急な出来事で葬儀代が準備できないので、業者と支払い方法について相談をしました。

 

その結果支払いの期日はお葬式の2週間後で良いことがわかり、その間に資金の確保に向けての準備を進めることにしました。

 

 

母親が喪主を務め、私と兄がセレモニーの進行をサポートしたので、お葬式は無事に予定通りに終わりました。

 

しかし葬儀会社の請求書に加えて仕出し業者の請求書も加わったために、予算は当初の金額を超えて120万円になりました。

 

 

家族の中で必要な資金をすぐに準備できる人がいなかったので、まず最初に親戚に相談することも考えました。

 

けれども葬儀の時に叔父や叔母にはいろいろな面でお世話になったので、更に借金の相談をすることは現実的ではありませんでした。

 

 

また香典として50万円程度を受け取ったので、とりあえずその資金を葬儀会社などへの支払いの一部に充当しました。

 

しかし70万円ほどのお金が依然として不足していたので、家族で相談したうえで金融機関から借りる決断を下しました。

 

 

私は自営業をしているので、日ごろから地元の信用金庫との取引関係にありました。

 

そこで葬儀が終わった直後の平日に信用金庫の店舗を訪れ、融資についての相談をしました。

 

事情を理解してくれた信用金庫の担当者は、すぐに無担保でも借りることができるローンを紹介してくれました。

 

 

まず最初に担当者がローンのパンフレットを使って丁寧に説明してくれたので、借り入れ条件について十分に理解することができました。

 

ローンを利用するときには審査が必要だったのですが、これまでに何度も融資を受けて約束通りに返済して来た実績があったので、すぐに希望通りの金額を借りることに成功しました。

 

 

このようにして無事に葬儀費用を確保できましたが、その一方で約1年にわたって借入金の返済を続けました。

 

幸い信用金庫のローンは優遇金利を適用してもらえたので、毎月の支払金額を最小限に抑えられました。

 

 

また母も含めて家族が一丸となってローンの返済に取り組んだおかげで、スケジュール通りに借入金を返せました。

 

父が亡くなった当初は葬儀の準備やお金の確保に悩んでいましたが、家族が協力することで様々な困難を乗り越えられたと感じています。

 

 

会社員をしながら大学に通ってる最中に母が他界し、お金がなかったので葬儀代として76万借りた体験談

実母の葬儀でのこと。

 

身内は私を含め姉妹2人しかおらず、父は他界していました。

 

母は親戚とは絶縁状態でしたので、密葬で行うことにしました。

 

姉は障害をもっていたので次女である私が喪主を務めました。

 

 

密葬でしたが、田舎で地域の連絡網と、私の職場の上司などが参列して下さり香典もいただきました。

 

 

当時私は正社員で働きながら放送大学に通っていたので貯蓄がなく、生前の母の介護での出費も多く、突然の母の葬儀で悲嘆にくれながらも不謹慎ですが、費用の支払いのことが頭にあったのは覚えています。

 

周りに相談できる年配の方がいなかったので、葬祭会社のスタッフの提案によくよく考えずにお願いし、今は香典返しを当日お返ししたり初七日の引き寄せも考えることなくスタンダードで行いました。

 

 

密葬でしたので76万円で少ない支払い額でしたが、当時貯蓄ゼロで子供も受験など控えていたので、香典でいただいたのを合わせても足りずに支払い期限を延ばしてもらいました。

 

ローンを組まないと捻出できなかったので、インターネットで検索して検討にあがったのが労働者が利用できる金庫にお願いする準備をしました。

 

 

金利が低ったのと、条件が合致していたので優先候補で考えていました。

 

しかし金庫・銀行は、少し審査の敷居が高いイメージがありました。

 

 

母の49日も終わっていないのと、正社員で勤務していることや、日常の子供の行事もあったので、79万ならいったんサラ金で申し込んだほうが簡単かな?と思いまず、サラ金に申し込むことにしました。

 

ただ、その時にすでに2社他のサラ金の借入があったので審査に自信はなかったのですが、ダメ元で申し込みました。

 

が、、3社審査落ち。

 

事情は総量をこえているから。でした。

 

 

私は焦って、総量が関係ない他の銀行ローンを申し込みました。がもちろん審査落ち。

 

現金貸付のローンやキャッシングは厳しいと判断し、証書貸付の商品がある最初の金庫に申し込んでみました。

 

 

まず、ネットから仮申し込みを行いました。

 

よくある属性の入力です。

 

審査結果は3〜4日ほどかかりました。

 

 

5日目に、メールと電話で担当者から仮審査が通りましたとの連絡がありました。

 

本審査は近くの支店に出向き書類契約が必要とのこと。

 

 

来店日を予約し出向きました。

 

申し込み記入内容は他のローン申し込み書以上に詳細に属性を記入するところがあり、家計収支書にも劣らないような内容でした。

 

申し込み中に、他社の借金記入と自分の収入では、「これは審査無理かもな?」と思っていました。

 

 

ただ担当者は面談時に色々相談に乗ってくれたので感謝しています。

 

本審査の結果は翌日にあり可決でした。

 

 

他社のローンがあり借入に難がある場合は、来店して面談するのも一つだと思いました。

 

また、金融会社が「金庫という特徴」、「葬祭費」「証書貸付」でお願いしやすかったのも審査の可決につながったのかもしれません。